youtube_logo アプリを作って無事審査が完了すると、とうとうストアにアプリが表示されます。まさに感無量です。
 しかし、ゲームアプリはストアに登録されているだけではインストールされないのが現実です。作るだけではダメで宣伝する必要もあるのです。

 わたしも具体的にどのようにアプリを宣伝すればいいのかは調べているところですが、多くの方が採用している宣伝方法の一つは動画の掲載です。すなわちプロモーションビデオを作成して動画サイトにアップするのです。

iPhoneシミュレータで動画をキャプチャする

 わたしの開発環境ではAndroidシミュレータの起動が不安定なうえパフォーマンスが非常に悪いので、アプリの動きを正確にキャプチャできそうにないため、iPhoneシミュレータで動画をキャプチャすることにしました。
 「iPhone Simulator Capture」というプラグインを使えば、iPhoneシミュレータで簡単に動画をキャプチャできます。

iPhone Simulator Captureをインストールする

 「iPhone Simulator Capture」はSIMBLプラグインなので、まずSIMBLをインストールしなければなりません。

SIMBLをインストール

 まずはここの右側にあるZIPファイルをダウンロードして解凍します。
解凍すればインストールファイルとアンインストールファイルがあるので、インストールファイルを実行してインストーラの通りに進めていきます。

フォルダを準備する

 「iPhone Simulator Capture」をインストールする前にフォルダを準備しておく必要があります。Finderを使って「~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins」のフォルダを作っておきましょう。

iPhone Simulator Captureをダウンロードする

 iPhone Simulator CaptureはXcodeでビルドすることでiPhoneシミュレータに反映されます。まずはiPhone Simulator CaptureのコードをここからZIPでダウンロードしましょう。

iPhone Simulator Captureをビルドする

xcode_run_button ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、「iPhone Simulator Capture.xcodeproj」というファイルを実行すると、Xcodeが起動します。左上にあるビルド実行ボタンを押します。問題なければ「Build Success」と表示されます。

iPhoneシミュレータを起動してみる

iPhoneSimulatorCapture_menu iPhoneシミュレータのメニューの「Recording」から動画をキャプチャできます。
 細かい操作方法は実際に使って学びましょう!