トラックパッド付きのPC(Mac Bookは全部付いてますが)で入力作業していると、急にマウスポインタが行方不明になったり、いきなりあらぬところに文字を入力してしまったりということがあります。
 原因はキーボード付近にあるトラックパッドであることが多いです。というのもキーボードで入力中にふとトラックパッドを触ってしまって、マウスポインタが移動してしまうのです。

 かといってトラックパッドを無効にしてしまうと、マウスを持たずにPCを出かけたときやマウスが故障したときに操作するのが非常に不便になってしまいます。
 そこで、「マウスを使っているときだけトラックパッドを無効にしたい」と考えたことがありませんか?
 MacOSにはデフォルトでそうした設定をする機能があります。

OS X v10.7 Lion または OS X Mountain Lion v10.8

1.Apple () メニューからシステム環境設定を選択します。
2.「表示」メニューから「アクセシビリティ」を選択します。
3.「マウスとトラックパッド」パネルをクリックします。

OS X 10.6 Snow Leopard

1.Apple () メニューから「システム環境設定」を選択します。
2.「表示」メニューから「ユニバーサルアクセス」を選択します。
3.「マウスとトラックパッド」パネルをクリックします。

「マウスまたはワイヤレストラックパッドがあるときは内蔵トラックパッドを無視」を有効すれば、ストレスなくキーボード入力をすることができます。