Unityで作成したiOSアプリの名前をローカライズ(デバイスが英語なら英語表記、デバイスが日本語なら日本語表記など)する方法を紹介します。自分のために。
残念ながらいまのところUnity側でiOSアプリ名のローカライズはできません。UnityでXcodeプロジェクトを出力してから、Xcode側で設定する必要があります。
UnityでXcodeプロジェクトを出力するたびに設定しないといけないので、リリースする直前にやるようにしましょう。

ローカライズファイルの追加

Unityから出力されたXcodeプロジェクとの「Unity-iPhone Tests」フォルダの「Supporting Files」に「InfoPlist.strings」というファイルがあります。
これがローカライズファイルなのですが、デフォルトではファイルが1つしかないと思います。

localizefileそこでまず、右画像のところをクリックしてプロジェクトを選択します。


addlocalizefileバージョンなどによって違うかもしれませんが、Japaneseのローカライズファイルが0になっているので、「+」をクリックしてJapaneseを追加します。

localizefile2これで、プロジェクト内にローカライズファイルが追加されます。


ローカライズファイルにアプリ名を入力する

追加したローカライズファイルに言語に合わせてアプリ名を表示されるために以下のとおり書きます。

CFBundleDisplayName = “アプリ名”;

日本語なら日本語ファイルに日本語のアプリ名、英語なら英語ファイルに英語のアプリ名、中国語なら中国語ファイルに中国語アプリ名。
どこかのブログに、InfoPlist.stirngsファイルをXcodeに直接追加(ドラッグアンドドロップ?)したらアプリ名のローカライズができた、という記事があったので、ローカライズファイルをどこかに保存しておいて、Xcodeに直接追加するということができるかもしれませんが、試していません。

ローカライズを有効にする

targetmembershipと、ここまではググるとすぐに情報として見つかるのですが、このままではアプリ名のローカライズが反映されません。Xcodeプロジェクトで追加したInfoPlist.stringsファイルを選択して、Target MemberShipに表示されているアプリにチェックする必要があります。これでローカライズファイルが有効になります。

以上でiOSでのアプリ名の日本語ローカライズは完了です。

[参考サイト]
http://halcyonsystemblog.blog.fc2.com/blog-entry-137.html
http://peroon.hatenablog.com/entry/2015/04/19/192828