Meteor Strike アプリの開発を始めて約2ヶ月。やっとアプリがストアに登録されました!
 今回はAndroid版の「Meteor Strike(メテオストライク)」がGooglePlay(旧Android Market)に登録されました。iPhone版はまだApple Storeに申請中です。無事に審査を通ることを願います。
 アプリ制作デビューなのでとてもうれしい反面、ドキドキ感もありますね。多くの人に楽しんでもらいたいです。

 数年前にもiPhoneアプリの制作に挑戦しようとしたことがありましたが、そのときは見事に挫折しました。理由はObject-Cという難解な言語です。
 そして、その後はAndroidアプリの制作にも挑戦しましたが、巷にはAndroidアプリなんて絶対に儲からないという噂があり、モチベーションが続かず終わってしまいました。でも、Androidアプリへの挑戦はJavaプログラミングの良い経験になりましたし、オブジェクト指向プログラミングの勉強にもなりました。

 その後は、HSPでの開発にチャレンジして、結局Titaniumに落ち着きました。今後はどの開発環境で制作するかはわかりませんが、いまのところはTitaniumで作っていく予定です。
 Titaniumでの開発の魅力は何よりもiPhoneとAndroidの両方のアプリをほぼ同時に制作できることと、開発言語がJavaScriptという非常にわかりやすい言語であることですね。ゲームエンジンを作ってくださった方がいて、さらに今後はそのゲームエンジンが本格的に開発されていくというのもありがたいです。

 ということで、今は次のアプリに向けて企画を練っているところです。
 もし余裕があれば、Titaniumでの開発に関することも記事にしていきたいですね。Titaniumで開発する人がもっと増えて、情報もさらに増えてより開発効率がよくなってくれれば最高です。ということで、みんなでTitanium Studioを使いましょう!